ヒアルロン酸がバストアップにいいという話は、本当なんでしょうか? ヒアルロン酸は、バストアップ効果を持つサプリメントによく入っている成分ですから、バストアップ(以前は効果がほとんどないインチキなバストアップグッズも多かったものですが、最近ではそれなりに効果が期待できるものが増えてきたみたいですね)にいいのは間違いないでしょう。 でも、ヒアルロン酸(保湿、弾力の維持、摩擦の軽減などの働きがあります)でバストアップするといえば、やっぱり、ヒアルロン酸をバストに注入するという方法がよく知られているのです。 ヒアルロン酸注入法は、近頃の豊胸手術の中でも特に人気が高いバストアップ(以前は効果がほとんどないインチキなバストアップグッズも多かったものですが、最近ではそれなりに効果が期待できるものが増えてきたみたいですね)法です。 従来の豊胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)手術では、身体をメスを切り、シリコンパック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)を挿入するのが主流でしたが、ヒアルロン酸(自分で注射したりするのは非常に危険です)注入法はメスを使わずにできるので、手軽な点でも人気があります。 ヒアルロン酸といえば化粧品を思い浮かべる方が多いと思いますが、元々は人間の体内にある成分です。 ですから、人体への悪影響(予防することで悪い影響を受けずにすむでしょう)がなく、拒否反応などの心配がないという点でも安心の方法でしょう。 また、メスを使う手術より簡単にできるため、比較的安価で行うことができます。 そのため、プチ整形(費用や回復までの日?が少なくて済むのが魅力ですね)として人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)が高まっているのです。 ただ、ヒアルロン酸は時間の経過と共に、体内に吸収されてしまいます。 ヒアルロン酸注入による豊胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)術は、「永久的なものではない」というのが最大のデメリットですー